バイアグラに血圧を下げる作用があるって本当?「本当です」

有効成分シルデナフィルの働き

「バイアグラって元は心臓の薬だって聞いたんですが、本当でしょうか?」
勃起不全(ED)の治療薬として世界で初めて登場したバイアグラに、このような都市伝説がありますが、これは半分正解です。

「心臓の薬」ではなく、正しくは「高血圧の薬」です。高血圧は、血液が血管の壁を強く押している症状で、放置しておくと血管がボロボロになり、心筋梗塞や脳梗塞などの「死に至る病」を引き起こします。
そのため、高血圧の人は血圧を下げる薬を飲む必要があり、バイアグラに含まれている有効成分は、元々血圧を下げる薬に配合されていたのです。

「高血圧+ED」だった男性が高血圧の治療薬を飲んだところ、頻繁に勃起することが分かりました。それで血圧を下げる薬の成分をED薬に応用できないかと考え、バイアグラの開発がスタートしたのです。
その有効成分の名は、シルデナフィルといいます。

シルデナフィルがなぜ勃起を引き起こすのか

シルデナフィルが血圧を下げるメカニズムと、シルデナフィルがEDの人のペニスを勃起させるメカニズムは、根本的に同じです。まずは後者から見てみましょう。

cGMPがペニスに大量の血液を流入させる

男性が性的な興奮を受けるとペニス内のcGMP(環状グアノシン1リン酸)という物質が増えます。cGMPは血管を広げる作用があり、それによりペニスに大量の血液が流入してきます。ペニスは血液を大量に吸って大きく硬くなります。これが勃起です。

PDE5が血液の流入を制限する

勃起は性的興奮が止むと治まります。そのときペニスの中では、PDE5という物質が増え、cGMPを壊しているのです。cGMPが減るので、血管の広がりが治まって血液の流入が減り勃起が終了します。

しかしED患者は常にcGMPが少なくPDE5が多い状態にあるのです。勃起させる物質が少なく、勃起を終わらせる物質が多いので、勃(た)たなくなるのです。

シルデナフィルはPDE5の働きを阻害する

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、勃起を終わらせるPDE5の働きを阻害します。それで勃起を起こすcGMPが活躍することができ、勃起が回復するのです。

血圧は血管が広がると低くなる

血圧は血管が狭まると高くなり、血管が広がると低くなります。
これは、水道の蛇口に取り付けるホースと同じ原理です。細いホースを使うと水は勢いよく出ますが、太いホースだと水が出る勢いは弱まります。水が勢いよく出るのは水圧(血管なら血圧)が高くなるからです。

シルデナフィルを飲むとcGMPが活性化されて血管が拡張するので、血圧が低くなります。
レバチオという、肺動脈性高血圧症に使う薬があるのですが、この薬にはシルデナフィルが配合されています。

まとめ~ED薬は血圧に深く関係している

勃起はそもそも血管、血液、血圧の作用によって生じる現象です。
つまり「ED薬が血管、血液、血圧を正常に戻している」というより、「血管、血液、血圧を正常化できる成分がED薬に使われている」と考えたほうが正しいかもしれません。