飲みやすくなったバイアグラ「特殊なフィルム形状」とは

危機感を募らせた製薬メーカーが考案

勃起不全(ED)の人でバイアグラの名前を知らない人はいないのではないでしょう。バイアグラは世界初のED薬であり、ED薬の代名詞のような存在です。

しかしそのバイアグラに、通常の錠剤タイプではなく、フィルム形状をしたタイプがあることをご存知でしょうか。

バイアグラは発売とともに大ヒットしましたが、後からバイアグラより勃起効果が高く、扱いやすいED薬が発売されました。
バイアグラの優位性が失われたファイザー社が起死回生の製品として出したのが、バイアグラODフィルムというフィルム状のバイアグラなのです。

なぜフィルムがいいの? ODって何?

通常の錠剤タイプのバイアグラを使っていて不自由していない方からすると、「なぜフィルムのほうがいいの?」と感じるのではないでしょうか。
また、ODフィルムのODとはなんでしょうか。

錠剤が苦手な人、かさばるのが嫌な人はフィルムがいい

錠剤タイプのバイアグラを使っている人は、1~2錠を財布の中に入れておくことが多いのではないでしょうか。しかし錠剤は厚みがあるので、どうしてもかさばってしまいます。
フィルムタイプは非常に薄く、どこにでもしまっておけます。1枚(1回分、1錠相当)の面積は名刺の半分ほどしかありません。
また、錠剤を飲むのが苦手な人も、フィルムだと「つるんっ」と喉の奥に入れることができます。

ODは口の中ですぐ溶ける性質のこと

ODとは、口の中の少量の唾液で薬が崩れる性質のことをいいます。錠剤のようなしっかりとした個体を飲み込むことが苦手な人は、ODだと口の中で溶かして水で流し込めます。
つまりバイアグラODフィルムは、フィルム状であることの飲みやすさに、ODであることの飲みやすさが加わるので、二重に飲みやすい薬といえます。

錠剤タイプと何が異なるの?

ODフィルムのバイアグラも有効成分の量によって1枚25mgと50mgの2タイプがあります。この量は錠剤タイプと同じです。
これまで50mgの錠剤を使っていた方が50mgのODフィルムを買えば、これまでと同じタイミングで服用することができます。

飲む直前まで取り出さないで

バイアグラODフィルムはもろいので、シートから取り出すとたちまち劣化してしまいます。服用する直前まで出さないようにしてください。
また溶けやすいので濡れた手でバイアグラODフィルムを取り扱わないようにしてください。

料金は錠剤より安いことも

あるクリニックのバイアグラODフィルム50mgは1枚(1回分、1錠相当)で1,000円でした。このクリニックでは錠剤タイプの50mgバイアグラを1,500円で販売しています。ODフィルムはかなりお得といえます。
ただクリニックによって価格が異なるので、必ず購入前に確認しておいてください。

まとめ~シチュエーションに合わせて使い分けよう

薬品メーカーもいろいろな工夫をして薬を売ろうとしています。使う側としては歓迎するばかりです。「いかにも」といった外観の錠剤タイプは、誰かに見つかると恥ずかしいですよね。たまにフィルムタイプに切り替えてみてはいかがでしょうか。