ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品について、詳しいことが知りたいと思いますか?
薬を処方してもらうと必ず聞かれるジェネリック医薬品についてですが、しっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」というもので、先発医薬品の特許が切れたのと同時に同等の成分で安価に販売されている薬のことをいいます。

薬は開発するのに10年から15年という膨大な時間と何十億というお金がかかるため、先発医薬品である新薬は発売開始と同時に特許を取ることができます。
その特許で専売権を与えられることになり、特許が切れるまでの間、新薬を開発・販売している製薬会社以外は同じものを作ることができません。

そして特許が切れたと同時に後発医薬品としてジェネリックが販売されるのですが、ジェネリックは先発医薬品を参考に作られているため、先発医薬品ほど時間とお金がかかりません。

そのためジェネリックである後発医薬品は、先発医薬品と同等の成分が含まれている上に安価で購入することができるのです。

ジェネリック医薬品はどこの製薬会社が作ってるの?

ジェネリック医薬品は特許が切れたら開発・販売できるのですが、特許が切れる前でも他国の製薬会社であれば開発・販売することができます。
そのため医薬品を個人輸入するという方法で、他国で開発・販売されたジェネリック医薬品を購入することができます。

海外のジェネリック医薬品は不鮮明である部分も多く、副作用などを心配する人も多いのです。
日本国内でジェネリック医薬品の開発・販売を行えるのは特許が切れた後ですが、それでも信頼は断然に違うことでしょう。

ジェネリック医薬品として処方される薬の多くは、国内の有名製薬会社が開発・販売しています。
先発医薬品と同等の成分を含んではいるものの、効き目は体質によっても変わってきます
心配がある方は同じ薬のジェネリックを試してから、医師や薬剤師の判断を仰ぐようにしましょう。

まとめ

ジェネリック医薬品は新薬に続く後発医薬品であり、安価で開発・販売できるため、人の健康を守りながら国の医療費も軽減できるものです。
ですが、今すぐ手に入れたい人には「特許」というデメリットもあります。
ここまでジェネリック医薬品についてお話ししてきましたが、以下の3点をご記憶いただければ幸いです。

  • ジェネリック医薬品は、先発医薬品に続いて販売される薬のこと
  • ジェネリック医薬品に含まれている成分は、先発医薬品と同等である
  • ジェネリック医薬品が開発・販売されるのは「特許」という期限が切れてから

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同品質で安価なのか?

ジェネリック医薬品について、不信感をお持ちでしょうか?
先発医薬品と同等の成分でできていながら安価で購入することができるジェネリック医薬品ですが、体に影響のある「医薬品」なので不信感を持つのは当然ともいえるかもしれません。

先発医薬品よりも安価である」ことを考えると、気になるのは同品質であるかどうかです。
安価で購入できても同じ効果を期待できないのであれば、医薬品としての機能を果たせていないことになります。

ジェネリック医薬品は世界各国で開発・販売されていますが、ジェネリックの良いところは「既に開発・販売された安全だと分かっている成分を使用できる」ことです。
先発医薬品になぜ膨大な時間とお金がかかるかというと、使用する予定の成分1つ1つを安全であるかどうか確かめる作業があります。
副作用や作用効果についても調べなければならず、それらの行為も含めて10年から15年という時間がかかってしまうのです。

ジェネリック医薬品はそうした時間を省くことができ、更に安全だと分かった成分を使うので安価で開発・販売することができるのです。

そして、先発医薬品のジェネリック医薬品には必ず「先発医薬品と同じ成分」が使用されています。
それなら安心?と思うところですが、海外のジェネリック医薬品を購入することにはデメリットもあるのです。

海外のジェネリック医薬品を購入するデメリットは?

ジェネリック医薬品の開発・販売ができるようになるのは、日本国内での特許が切れてからです。
特許がある状態でも日本国外の他国であれば開発・販売ができるのですが、個人輸入という方法を使えばジェネリック医薬品を購入することができます。

同品質で安価であれば、常備薬やよく服用している薬は安く購入したいものです。
ところが他国で開発・販売されているジェネリック医薬品は製造の段階が不透明であることも多く、一部の薬では色を付けるために塗装用のペンキが使用されていました。

あくまでも一部の薬だけですが、海外からジェネリック医薬品を個人輸入する際には十分な下調べと自己責任であることを理解しましょう。

まとめ

ジェネリック医薬品について不信感をお持ちの方も多いかと思いますが、ジェネリック医薬品は先発医薬品で安全だと証明された成分を使用していることをお伝えしてきました。
ですが、他国で開発・販売されているジェネリック医薬品を個人輸入することはできても、自己責任になることも十分に理解しておきましょう。

ここまでジェネリック医薬品についてお話ししてきましたが、以下の3点だけご記憶いただけると幸いです。

  • ジェネリック医薬品で使用している成分は、先発医薬品と同じもの
  • ただし、体質によって合う・合わないがあるので、医師や薬剤師の判断を仰ぐようにしましょう
  • 他国のジェネリック医薬品を個人輸入することは、自己責任