医薬品の個人輸入とは

医薬品の個人輸入について関心をお持ちでしょうか?
医薬品は本来病院やクリニックで処方されるものですが、他国から医薬品を個人輸入で購入することができるのです。
ですが、医薬品を個人輸入するには様々な理解が必要となります。
この記事を読み終わる頃には医薬品の個人輸入について、十分に理解を深めることができるでしょう。

医薬品を個人輸入するって、どういうこと?

医薬品は本来病院やクリニックで、医師の処方で購入することができるものです。
ですが、日本では販売されていない医薬品を他国から購入する方法があります。
それが「医薬品の個人輸入」なのです。

医薬品は人にとって健康な毎日を送るために必要なものですが、常備薬やよく服用している薬は「同品質の成分であるならば」安価である方がお財布にも優しくできます。
それに当てはまるのがジェネリック医薬品と呼ばれるもので、日本国内で開発・販売されていないジェネリック医薬品も他国であれば開発・販売されているケースがあります。

そんなときに個人輸入で、医薬品を購入することができるのです。

海外の医薬品は、本当に安全なの?

他国で開発・販売されている医薬品を個人輸入するには、いくつか注意点があります。
まず、個人輸入で購入した医薬品で副作用が出た場合は自己責任ということになります。
どんな薬でも副作用は存在しますが、医師の診断の元、副作用が出た場合は病院や製薬会社に責任を取ってもらうことができます。
ですが、個人輸入で購入した医薬品は、副作用が出ても自分で責任を取る必要があることは十分に理解しておきましょう。

また購入したサイトから別の医薬品が届いたり、お金を支払ったのに届かなかったり、そういったトラブルも自己責任の中に入ります。
「医薬品を個人輸入をしたいけど不安がある」という方は、周りに医薬品を個人輸入してる人がいないか話を聞いてみたり、インターネットで購入予定の医薬品についてよく調べることをオススメします。

常備薬やよく服用している薬を個人輸入する場合は、含まれている成分を調べて個人輸入する医薬品の成分と比べるのもオススメの方法です。
少なからず確実に体に影響するのが医薬品なので、何重にも確認した上で購入するようにしましょう。

まとめ

医薬品を個人輸入で購入する方法をお伝えしてきましたが、個人輸入にはリスクも伴います。
ですが、常備薬やよく服用する薬であれば安価で購入できた方が助かるものです。
様々な理解が必要ではありますが、個人輸入することもできると知っているだけでも選択肢が広がります。
ここまでお話ししてきましたが、以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.日本で開発・販売していない医薬品も、個人輸入で購入することができる
  • 2.医薬品の個人輸入はどんなことがあっても、自己責任である
  • 3.副作用や使用されている成分などについては、これでもかというほど調べよう

個人輸入代行サイトなら言葉が分からなくても購入できる!

医薬品の個人輸入代行サイトが、どんなものなのか知りたいと思いますか?
他国から医薬品を購入するのが個人輸入なのですが、日本国内から注文するにはインターネット上で展開している「個人輸入代行サイト」を利用する必要があります。

個人輸入代行サイトは、日本語に対応しているの?

他国で運営されている個人輸入代行サイトですが、ほとんどのサイトは日本語に対応しています。
クレジットカードを利用できるサイトや、配送方法を指定できるサイトもあります。
購入者の口コミが見られるサイトもあるので、それらを参考に利用するサイトを決めるのもいいでしょう。

医薬品をネット上で売買することに関しては日本の法律で細かいルールが存在し、今現在ネット上で購入できる医薬品は「第3類医薬品」のみで、第1類と第2類医薬品は対面販売が義務付けられています。

これは日本国内の話であって、個人輸入代行サイトは他国で運営されているのでこの法律に当てはまりません。
なので、個人輸入代行サイトを利用することによって、他国で開発・販売されている医薬品を購入することができるのです。

購入から届くまで、個人輸入代行サイトの流れは?

個人輸入代行サイトで医薬品を購入した場合、一般的な流れは以下の通りです。

・医薬品を選び、購入する

個人輸入代行サイトで、目的の医薬品を選び購入します。
ここまではその他の通信販売と同じで、名前や住所を記載して配送先を指定します。
この際、支払方法を指定できますが、不安な方はコンビニ払いや代引きを選ぶのがオススメです。

・医薬品が手元に届くのは、1週間から10日後

日本国内からの発送ではなく他国からの発送なので、手元に届くまでに時間がかかります。
お住まいの場所や関税の混み具合によっても差がありますが、およそ1週間から10日ほどで届くといわれています。
日時指定ができるサイトもあるので、あらかじめ指定するのがいいでしょう。

・購入した医薬品が届く

購入した医薬品が届いたら、実際に服用します。
が、その前に説明書などはじっくり読むようにしましょう。
英語などの他国の言葉で分からない方もいるかもしれませんが、あくまでも自己責任です。それらのステップを面倒臭がらずに行うことで、リスクを減らすことができます。

個人輸入代行サイトは他国で運営されていますが、多くの個人輸入代行サイトは日本語が使えれば問題なく医薬品を購入することができます。
万が一トラブルがあったり、副作用が出た場合でも自己責任であることを踏まえた上で、信頼できる個人輸入代行サイトを利用しましょう。
ここまで医薬品の個人輸入代行サイトについてお話ししてきましたが、以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.医薬品の個人輸入代行サイトは、日本語が理解できれば問題なく利用できる
  • 2.支払い方法や配達指定日など、購入にあたって選択できるサイトもある
  • 3.自己責任なので、信頼できる個人輸入代行サイトから医薬品を購入しよう

家族にバレない梱包と自宅に届くまでの日数

医薬品を個人輸入するにあたって、心配なことがありますか?
医薬品を個人輸入代行サイトで購入すると自宅に届きますが、一人暮らしでない人にとっては梱包や自宅に届くまでの日数が気になるものです。

個人輸入代行サイトで購入した医薬品は、どんな梱包で届く?

一人暮らしではない人にとって、個人輸入代行サイトで購入した医薬品が家族に見られるのは良いことばかりではありません。
配達業者に何を思われるか気にする人もいますし、多くの人は梱包を心配しています。

個人輸入代行サイトで購入した医薬品は、一般的に小さなダンボール箱に梱包されて届きます。
ダンボール箱に貼られている配達先の情報はすべて英語で記されており、人から見える場所に薬品名が記載されることはありません。

「海外から何かを取り寄せた」ということはバレてしまいますが、梱包だけで中身まで知られることはあり得ません。
ですが、購入したこともバレたくない方もいますよね。

そこで自宅に届くまでの日数と、時間指定ができるかどうかを次の章でお話しします。

個人輸入代行サイトで購入した医薬品が、自宅に届くまで

個人輸入代行サイトで購入した医薬品が届くのは、1週間から10日くらいが平均といわれています。
購入時に時間指定ができるサイトもありますが、配送方法の指定はプラスαでお金がかかる場合があります。

最初からいきなり多くの医薬品を購入することは、サイトの信頼性や医薬品の安全面からオススメできないのですが、個人輸入代行サイトの多くが「〇〇円以上送料無料」のサービスを行っています。
よく利用しているサイトや信頼できるサイトであれば、送料無料のサービスを上手に利用して購入するのがオススメです。

またお住まいの場所や関税の混み具合で自宅に届くまでの日数は変わるので、余裕を持って注文するようにしましょう。

個人輸入代行サイトで医薬品を購入すると、小さなダンボール箱が届き、中身がなんなのかを知られる可能性はとても低いです
また平均1週間から10日ほどで自宅に届き、日時指定ができるサイトもありますので、自分に都合のいいサイトを利用するようにしましょう。
ここまで医薬品を個人輸入代行サービスで購入した際のことをお話ししてきましたが、以下の3点をご記憶いただければと幸いです。

  • 1.個人輸入代行サイトで医薬品を購入すると、小さなダンボール箱に入って届く
  • 2.医薬品を個人輸入代行サイトで購入した場合、自宅には1週間から10日ほどで届く
  • 3.個人輸入代行サイトの中には日時指定ができるサイトもある