禁煙補助薬について

禁煙のための薬は本当に効果があるの?市販薬との違いは?

禁煙したいと思っていますか?気持ちだけではなかなかやめられないこともある禁煙ですが、禁煙を補助する薬がいくつかあります。
禁煙するために薬を服用することで、禁煙し続けることを助けてくれるのです。
この記事を読み終わる頃には、禁煙補助薬について知ることができ、自分に合った薬を見つけることができるでしょう。

禁煙のための薬ってどんなもの?

禁煙補助薬には、保険適用内で処方してもらえる「ニコチンパッチ」と飲み薬の「バレニクリン」があります。
また一般医療用医薬品として、ニコチンガムとニコチンパッチを、薬局などで市販されています。

これらの薬はいずれもニコチンの離脱症状を抑制することで禁煙しやすくなり、飲み薬のバレニクリンを服用することで喫煙した際の満足感を抑える作用があります。

それぞれの禁煙補助薬について、解説していきます。

ニコチンガム

薬局などで、市販されている禁煙補助薬です。
ニコチンガムは口腔粘膜からニコチンを吸収させるタイプで、通常のガムとは異なり30〜60分ほど口の中で噛むことを推奨しています。

ニコチンパッチ

ニコチンガム同様に薬局などで市販されている、禁煙補助薬です。保険適用内で処方してもらうことも可能です。
ニコチンパッチは、身体に貼り皮膚からニコチンを吸収させます。
上腕・背中・お腹に貼ることが推奨されており、かゆみなどの症状が出た場合には速やかに医師の診察を受けましょう。

バレニクリン

禁煙外来で、保険適用内で処方される経口薬の禁煙補助薬です。
ニコチンを外から摂取し、離脱症状を緩和させるニコチンガムやニコチンパッチとは異なり、脳の中のニコチン受容体に作用するのが、特徴的です。
服用と同時に禁煙するのではなく、喫煙しても「満足しない」状態を作ることで、禁煙へと促していく効果があります。

禁煙するための薬、処方箋医薬品と市販薬の違いは?

禁煙補助薬には、医師の処方箋が必要な医薬品と薬局などで買える市販薬があります。
どちらでも購入することができる「ニコチンパッチ」の違いは、ニコチンの有含量に違いがあるのです。

処方箋医薬品に比べ市販されているニコチンパッチの方がニコチンの有含量が少ないので、日頃の喫煙本数が多い方は、ニコチンの補充が足りない可能性があります。
ニコチンの補充が足りないということは、喫煙したい気持ちを煽ることに繋がってしまうので、市販のニコチンパッチで禁煙に失敗した方は医療機関の受診をオススメします。
その際、市販のニコチンパッチでは物足りなかったことを医師に伝えましょう。

禁煙はつらいと思われがちで、継続することはなかなか難しいものでもあります。
日本では2006年から禁煙治療が保険適用内で行えるようになり、専門外来もたくさんできました。
禁煙補助薬は市販でも購入することができますが、タバコ好きな人であればあるほど、医療機関での受診をオススメします。

ここまで禁煙補助薬についてお話ししてきましたが、以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.禁煙補助薬には、処方箋が必要な医薬品と市販薬がある
  • 2.その違いは「ニコチンの有含量」であり、喫煙本数の多い人ほど医療機関の受診がオススメ
  • 3.経口薬とニコチンパッチ・ニコチンガムを上手に利用することで、禁煙を続けられる