精神安定薬について

精神安定剤の種類は?効果作用や、市販薬について

精神安定剤について知りたいと思いますか?忙しない現代において、精神安定剤を服用することは決して他人事ではなくなっています。
様々な種類の精神安定剤があり、それぞれ症状によって異なる効果を発揮します。
この記事を読み終わる頃には精神安定剤について知識を深めることができ、より生きやすくなるための手助けを得ることができるでしょう。

精神安定剤とは?

精神安定剤とは「抗不安薬」と呼ばれていて、即効性が期待できリラックスできるものです。
現在処方されている抗不安薬は、ほとんどがベンゾジアゼピン系の薬です。

【ベンゾジアゼピン系】

  • 短時間型:グランダキシン・リーゼ・デパス
  • 中間型:ワイパックス・ソラナックス/コンスタン・レキソタン
  • 長時間型:セルシン/ホリゾン・リボトリール/ランドセン・セパゾン
  • 超長時間型:メイラックス・レスタス

ジェネリックで処方されている方は、以下の通りになります。

(先発薬:ジェネリック名)

  • グランダキシン:トフィソパム
  • リーゼ:クロチアゼパム
  • デパス:エチゾラム
  • ソラナックス/コンスタン:アルプラゾパム
  • レキソタン:ブロマゼパム
  • セルシン/ホリゾン:ジアゼパム
  • リボトリール/ランドセン:クロナゼパム
  • セパゾン:クロキサゾラム
  • メイラックス:ロフラゼプ酸エチル
  • レスタス:フルトプラゼパム
  • セディール:タンドスピロン

精神安定剤(抗不安薬)の効果・作用について

抗不安薬と聞くとネガティヴなイメージを持つ方もいらっしゃるかと思いますが、上手に付き合うことでより生きやすくなる手助けをしてくれます。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、GABAが関係しています。
GABAというのは、脳の神経と神経の情報を伝える役割をしてる物質(神経伝達物質)のことで、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はGABAの働きを強める効果があります。

大脳辺縁系に選択的に作用するベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、記憶や情動に関係し、この部分の働きを抑えることによって、抗不安薬という名前の通り「不安」に対して効果を現します。

抗不安薬には、主に4つの作用を期待することができます。

  • 抗不安作用
  • 鎮静、催眠作用
  • 筋弛緩作用
  • 抗痙攣作用

精神安定剤(抗不安薬)は、どこで購入することができるの?

精神安定剤(抗不安薬)は、心療内科・精神科で医師の処方箋をもらって購入することができます。
日本では処方箋医薬品として認可承認されているので、ご紹介した医薬品を処方箋なしで購入することはできません。

医師の処方箋なしに購入することは、法律に触れるので絶対に売買しないでください。

使用して調子が良くなった薬、これが合うんじゃないか?と感じた薬がある場合は、それらの情報も診察の際に伝えるようにしましょう。

精神安定剤(抗不安薬)は、市販で購入することができる?

精神安定剤(抗不安薬)は、直接脳に作用する薬で、乱用したり長期間使用することによって依存症の症状が出たり、症状を悪化させてしまうこともあります。
適切に適量を使用することが絶対であって、上手に利用すれば生きやすくなる効果を期待することができますが、適当に利用するとかえって悩みを増やしてしまうことになります。

このため市販薬として(処方箋なしで)販売することは禁止されていて、個人輸入も含めて精神安定剤(抗不安薬)を購入することはできません。

ですが、漢方薬やサプリメントとして気持ちを落ち着かせる薬は販売されていますので、それらを市販で購入することはできます。

【市販で購入できる、不安やイライラなどを落ち着かせる漢方・サプリメント】

商品名 効果
ウット(伊丹製薬) 不眠症・不安緊張状態の鎮静
パンセダン(佐藤製薬) イライラ・緊張・興奮の鎮静
イララックス(小林製薬) イライラ・緊張・興奮の鎮静
レスフィーナ(塩野義製薬) 抑うつ・不眠・イライラ・興奮状態の鎮静
アロパノール(全薬工業) 興奮・イライラ・筋肉の緊張を緩和
抑肝散加陳皮半夏(クラシエ) 神経が高ぶる・イライラ・怒りやすい状態を緩和
加味逍遙散(ツムラ・クラシエ) 不安・苛立ちなど、精神神経状態の緩和
半夏厚朴湯(ツムラ・クラシエ) ストレスに伴うめまい・吐き気などの身体的症状の緩和

精神安定剤と呼ばれる抗不安薬は、毒にも薬にもなる医薬品です。
ネガティヴなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、正しく使うことで日々の生活を楽にする効果を期待することができます。

漢方やサプリメントを上手に利用することもオススメですが、処方箋医薬品を個人で購入することは法律に触れるので絶対にやめましょう。
ここまで精神安定剤についてお話ししてきましたが、最後に以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.精神安定剤(抗不安薬)には先発医薬品とジェネリック医薬品がある
  • 2.精神安定剤(抗不安薬)は4つの作用が期待できる
  • 3.市販されている抗不安薬は、漢方かサプリメントだけ