美容薬について

美容皮膚科で処方してもらえる美容薬には、どんな効果がある?

美容皮膚科で処方してもらえる美容薬について、興味をお持ちでしょうか?美容皮膚科では疾患を治すだけではなく、美容にまつわる治療をしてもらうことができます。
処方箋医薬品を治療以外の目的で使用することは厳禁ですが、美容皮膚科で処方される医薬品を正しく使用することで市販の美容薬よりも効果を期待できます。
この記事を読み終わる頃には、美容皮膚科で処方してもらえる美容薬について詳しく知ることができるでしょう。

皮膚科と美容皮膚科の違いは?

美容に興味をお持ちの方であれば「美容皮膚科」という名称を聞いたことがあるのではないでしょうか。
「皮膚科」という名称が付いているので、皮膚科も美容皮膚科も同じ病院であることに変わりありません。

では、皮膚科と美容皮膚科は何が違うのかというと、以下の内容に違いがあります。

皮膚科 美容皮膚科
目的 疾患治療 疾患治療+美肌にすること
診療費 保険適用内 自費診療

決定的な違いは、治療の目的と診療費にあります。

例えば肌を掻きむしってしまい、傷跡ができたとします。
皮膚科で行われるのは保険適用内で、疾患部分を治療し、完治したら終わりです。
それに対して美容皮膚科では、疾患部分の治療に加えて、傷跡を消すところまで行ってもらえるのです。

美容サロンやエステなどに近い感覚がありますが、美容皮膚科は「医師が診察すること」と「医学的な根拠に基づいて」行われるため、美容サロンやエステに比べて安心感があります。

美容皮膚科で処方してもらえる、美容薬について

美容皮膚科で処方してもらえる医薬品は、主にニキビ・シミ・美肌に特化していることが多いです。
それ以外のお悩みについては、内服・外用薬ではなく、点滴やレーザーなどの治療を勧められることが多いそう。

少しホルモンバランスが崩れるだけで簡単にニキビはできますし、シミや美肌はいくつになっても避けて通りたい道の1つです。

これから美容皮膚科で処方してもらえる医薬品についてご紹介しますが、処方箋医薬品を治療以外の目的で使用することは、多くの人に迷惑がかかることを覚えておいてください。
必要以上に処方箋医薬品をもらうと国の医療費を圧迫し、最終的には保険料の上昇に繋がり兼ねません。
処方箋医薬品は必ず、必要なだけを処方してもらい、治療目的にだけ使用するようにしましょう。

美容皮膚科で処方してもらえる、内服薬はこちら

・シナール

シミや色素沈着を防ぎ、はりや弾力に必要なコラーゲンの生成を促してくれます。
また抗ストレスホルモンを合成して、抵抗力を高め、免疫の仕組みを正常に戻してくれる効果もあります。
服用を続けることで、代謝に関わるほか、皮膚を正常に保つ働きをします。

こんなお悩みをお持ちの方に:シミ・肝斑・色素沈着・ニキビ・シミ予防

・トランサミン(トラネキサム酸)

トランサミンは特にシミに効果がある内服薬で、シミの部分で亢進したメラニン合成系を定常レベルまで戻します。
服用開始からおよそ1ヶ月ほどで効果が現れ、ビタミンCやビタミンEとの併用でより効果を実感することができます。

こんなお悩みをお持ちの方に:シミ・肝斑・色素沈着・シミ予防

美容皮膚科で処方してもらえる美容薬は、クリニックによって違う

美容皮膚科は皮膚科と併設されていたり、美容外科と併設されていたりとクリニックによって様々です。
内服薬についても自由診療なので、取り扱っている薬にバラつきがあります。

今回ご紹介した美容薬は、基本的な2種類でどこの美容皮膚科にも置いてあるものです。
またニキビ治療などでは皮膚科でも処方してもらうことができます。

医学的な根拠に基づいて医師の診察のもと、美容について相談・治療することができる美容皮膚科は、年々需要が増えてきています。
皮膚科と違い自由診療である分、診療費や薬代は高額になりがちですが、それらの相談もすることが可能です。

また内服薬だけに限らず、悩みを解決するために様々な治療法を提案してもらうことができるので、自分だけのオリジナルな方法で問題を解消することができます。

ここまで美容薬についてお話ししてきましたが、最後に以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.皮膚科と美容皮膚科の違いは、診療費が保険適用内か自由診療か
  • 2.美容皮膚科も医師の診察のもとで、処方箋医薬品を処方してもらうことができる
  • 3.美容皮膚科で処方される美容薬は、クリニックによってバラつきがある