高血圧薬について

高血圧薬の副作用一覧!グレープフルーツと一緒に飲むのは絶対にだめ?

高血圧薬の副作用について知りたいと思いますか?血圧は年齢を重ねると誰でも抱える可能性がある問題ですが、日常的に常用していると薬の副作用や飲み合わせはついつい忘れてしまうものです。
ですが、血圧は健康管理をする上でバロメーターにもなる大切な役目を果たしています。
この記事を読み終わる頃には、高血圧薬の副作用について知ることができ、飲み合わせについても学ぶことができるでしょう。

高血圧薬ってなに?

高血圧薬といっても、血圧を下げる薬・血管を広げる薬・血液量を減らす薬など、いくつも種類があります。
その人によって処方される薬が変わり、症状によっては高血圧薬を飲み合わせることでより高い効果を期待することもあります。

高血圧薬は「血圧が高くない状態を作ることで、心臓や肺への負担を減らす」ので、服用後24時間は効果がある薬が望ましいとされています。
通常は高血圧薬を飲み続けることで、時間をかけてゆっくり血圧を下げていくのですが、心疾患を抱えている人などは数週間以内の短期間で血圧を下げることもあります。

基本的には1日1回の服用ですが、処方薬の違いや市販薬では1日に複数回、服用が必要な薬もあります。

高血圧薬を服用して、考えられる副作用は?

どんな薬にも必ず副作用があり、高血圧薬にも副作用があります。
高血圧薬は日常的に飲み続ける必要がある分、副作用や飲み合わせについて曖昧になってしまいがちです。
一般的な高血圧薬に考えられる副作用を一覧化したので、確認してみてください。

また服用している薬によっては、これ以外の副作用が出る場合もあります。
飲み合わせや食べ合わせによっても副作用は変わるので、不調を感じた場合は速やかに医師に相談してください。

【高血圧薬の副作用】

  • 手や足など局所性のむくみ
  • 乾いた咳(空咳)
  • ほてり感
    • 高血圧薬とグレープフルーツの飲み合わせが、絶対にだめな理由とは?

      高血圧薬にはいくつか種類があります。
      その中でも「Ca拮抗薬」という種類の高血圧薬と、グレープフルーツを一緒に摂取することは絶対に厳禁です。

      グレープフルーツには「フラノクマリン酸」という成分が含まれているのですが、この成分がCa拮抗薬の効果を強めすぎてしまいます。

      薬はその人に合った用法用量で処方されているので、効きすぎても効かなすぎても良くありません。
      グレープフルーツと一緒に摂取することで、急激に血圧が下がってしまうこともあります。
      Ca拮抗薬を現在服用している方もこれから服用する予定がある方も、グレープフルーツを摂取することは極力避けましょう。

      高血圧薬についてお話ししてきましたが、高血圧薬は日常的に服用する必要がある反面、用法用量を守らないと重篤な副作用を引き起こすこともあります。
      現在、日本で高血圧薬は市販されておらず、入手方法は医師の処方箋のみです。

      それでも高血圧薬は継続することが大切になってきますので、自分の体とよく相談しながら上手に付き合ってください。
      最後になりますが、以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

      • 1.高血圧薬には複数の種類があり、いくつかのみ合わせることで効果を高める場合もある
      • 2.高血圧薬の主な副作用は、むくみ・乾いた咳・ほてり感
      • 3.日本では高血圧薬の市販はされていない