不妊薬について

不妊治療で処方される薬の種類は?副作用やリスクについて

不妊治療で処方される薬について知りたいと思っていますか?不妊治療で処方される薬は男女ともに数種類あり、その人の症状によってアプローチ法が変わります。
今回は不妊治療に用いられる薬の種類から、副作用・リスクについてご紹介します。
この記事を読み終わる頃には、不妊治療薬について知識を高めることができ、安心して不妊治療を行うことができるでしょう。

不妊治療で処方される薬には、どんな種類があるの?

不妊治療では、男女ともに数種類の薬が用いられます。
男女別にご紹介していきます。

女性の不妊治療に処方される薬の種類

【卵を誘発する薬(排卵誘発剤)】

・内服薬:セキソビット/クロミッド/セロフィン/フェミロン/スパクロミン/オリフェン/アリミデックス/フェマーラ
・注射:HMG日研/HMGフジ/パーゴグリーン/パーゴナル/フェルティノームP/フォリルモンP/フォリスチム

【排卵をコントロールする薬】

・点鼻薬:スプレキュア/プセレキュア/イトレリン/フセット
・注射:セトロタイド
・内服薬:アリミデックス

【排卵を促す薬】

・注射:hCGフジ/HCGモチダ筋注用

【卵胞ホルモン(エストロゲン)を補充する薬】

・内服薬:エストレース/ジュリナ
・貼り薬:エストラーナ/エストラダーム/フェミエスト

【黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する薬】

・内服薬:デュファストン/ルトラール
・膣座薬:プロゲステロン膣座薬
・注射:プロゲストン/プロゲストンデポー

【卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する薬】

・内服薬:ドオルトン/ノアルテンD/プラノパール

【高プロラクチン血症の治療薬】

・内服薬:テルロン/パーロデル/カバサール

【血糖値を適正に保つための薬】

・内服薬:メルビン/グリコラン/メデット

男性の不妊治療に処方される薬の種類

【精子をつくる機能を回復させる薬】

・内服薬:メチコバール/カリクレイン/カルナクリン/クロミッド
・注射:ゴナールF

【勃起を助ける薬】

・内服薬:バイアグラ/シリアス

不妊治療薬の副作用やリスクは?

不妊治療薬に限らず、どんな薬にも必ず副作用があります。
市販薬であれば服用経験がある方も多く、自身の体調をコントロールすることができますが、処方箋医薬品は絶対に「医師の指示通り」に服用するようにしましょう。

不妊治療薬は男女ともに数種類と幅広く用意されており、副作用・リスクについてもそれと同じだけあるといえます。

不妊治療薬に期待できる効果とは?

不妊治療で処方される薬は、その人の症状に合わせてアプローチ方法が異なります。
性交渉の回数や、それらに費やせる時間などによって治療法が変わります。

また不妊治療は1つの方法(1つの薬)で効果がなかった場合、別の方法を取り入れることができるのです。
なにかと一喜一憂してしまうかとは思いますが、その他の方法で不妊治療に取り組むこともできるので、医師に相談してみましょう。

妊娠は医学では証明できない神秘的な部分も多く、不妊治療は薬や性交渉の回数を増やすだけではなく、精神的な面もとても大切にされています。
処方される薬・治療法も1つではなく、ご夫婦の関係性やその人自身の症状に合わせて数通りもの薬と治療法があるのです。

ここまで不妊治療薬についてご紹介してきましたが、最後に以下の3点だけご記憶いただけると幸いです。

  • 不妊治療薬は、男女ともに数種類もの薬がある
  • 処方箋医薬品である不妊治療薬は、必ず医師の指示通りに服用すること
  • 不妊治療は1つの方法で効果が出なかった場合でも、他の方法を取り入れることができる