鎮痛剤について

【症状別】効果がある市販の痛み止めはこれ!

鎮痛剤について知りたいと思いますか?多くの人に服用経験があり、様々な治療に用いられる鎮痛剤ですが、実は症状別で作用する成分が変わるのです。
今回は市販の鎮痛剤について解説していきますので、この記事を読み終わる頃には、鎮痛剤について知識を深めることができ、痛みと鎮痛剤と上手に付き合っていくことができるでしょう。

鎮痛剤の成分には、どのくらい種類がある?

ドラッグストアなどで販売されている市販の鎮痛剤は、それぞれ成分が異なります。
症状別に効果のある成分も異なるため、購入する際は参考にするとより効果を感じることができます。

鎮痛剤の成分と、眠くなりにくい鎮痛剤に入っている成分

【鎮痛剤】

  • ロキソプロフェン
  • イブプロフェン
  • アセトアミノフィン
  • アスピリン
  • イソプロピルアンチピリン(ピリン系)

【眠くなりにくい鎮痛剤に入っている成分】

  • ブロムワレリル尿素
  • アリルイソプロピルアセチル尿素

【症状別】市販されている鎮痛剤一覧

それでは症状別に、オススメの鎮痛剤をご紹介していきます。

【頭痛】

頭痛を抑えたいときは、以下の成分が入っている鎮痛剤を選ぶのがオススメです。

商品名 成分名
ロキソニンS ロキソプロフェン
イブA錠EX イブプロフェン
タイレノール アセトアミノフィン
セデス・ハイ イソプロピルアンチピリン

【生理痛】

生理痛を抑えたいときには、以下の鎮痛剤がオススメです。

商品名 成分名
エルペインコーワ イブプロフェン
ロキソニンS ロキソプロフェン
バファリンA アスピリン
小・中学生用ノーシンピュア アセトアミノフィン

【歯痛】

歯痛を抑えたいときには、以下の鎮痛剤がオススメです。

商品名 成分名
ロキソニンS ロキソプロフェン
リングルアイビー200 イブプロフェン
ハイタミン アセトアミノフィン+アスピリン

市販されている眠くなりにくいオススメの鎮痛剤

痛みを取り除く=ボーッとするような鎮痛剤も多く、眠くなりにくい成分が含まれていることは市販の鎮痛剤を選ぶ上で大切なポイントです。

市販されている鎮痛剤で、眠くなりにくいといわれている商品は以下の通りです。
ただし「眠くなりにくい」ので、効果の出方は人それぞれです。車の運転や過度な運動は、避けるようにしましょう。

  • ロキソニンS
  • リングルアイビー200
  • バファリンA
  • タイレノール

3-1眠くなりにくい薬を探すときは、この成分を見つけて!

市販されている薬の中にも、眠気を伴う薬が販売されています。
寝込んで服用できる薬と違い、鎮痛剤は日常生活の中で服用される方がほとんどです。

そこで市販されている薬に、以下の成分が含まれている場合は「眠くなりにくい薬」ということになります。

  • ブロムワレリル尿素
  • アリルイソプロピルアセチル尿素

医師の診察を受けるほどではないものの、痛みを取り除きたいときに市販の鎮痛剤は重宝します。
幅広く万能的に効果のあるものから、ピンポイントで症状に効くものまで、使い分けることでより早く痛みを取り除くことができるでしょう。

また鎮痛剤に含まれている「アスピリン」という成分は、アレルギーを引き起こす可能性があります。
心当たりのある方は、必ず服用前に医師に相談しましょう。
服用後に異常を感じた場合も、速やかに医師の診察を受けてください。

ここまで鎮痛剤についてお話ししてきましたが、最後に以下の3点をご記憶いただけると幸いです。

  • 1.市販の鎮痛剤に含まれる成分は、全部で5種類
  • 2.眠くなりにくい成分は、ブロムワレリル尿素とアリルイソプロピルアセチル尿素
  • 3.アスピリンはアレルギーを引き起こす可能性がある