EDが出やすい年代はある「30代でも油断できません」

「年のせい」は1つの原因

「もう年だな。最近あまり勃起しなくなった」
そのように感じているあなたは、何歳でしょうか。
50歳でしょうか、それとも60歳でしょう、はたまた70歳でしょうか。
むしろ40歳でしょう。
いや、もしかして、30歳ですか。

「EDは年のせい」という説は間違っていません。
しかし「若いから大丈夫」「年を取ったら必ずEDになる」というわけでもないのです。

ED発症には2つのピークがある。「30~40代」と「50~60代」

勃起ができなくなったり、勃起しにくくなったりするED(勃起不全)患者は、国内に1,130万人いると推定されています。
EDの発症には2つのピークがあり、1つは30~40代、2つめは50~60代です。

30~40代でもEDになるの!?

EDの原因をなんとなく「老化では?」と思ってきた人には、30~40代にEDが多いことは意外に感じるのではないでしょうか。
30~40代にEDのピークが来るということは、30歳の人でもEDは他人事ではないということです。

30~40代のED患者に多いのは、心が原因になるケースです。
童貞喪失年齢が、どんどん高齢化しています。つまり男性の初性交の遅れの傾向が年々強まっているのです。
あまり経験がないまま30代に突入すると、女性から「きちんとした性交」を期待されながら、それがうまくいかないわけです。それで自信を失い、EDを発症してしまうことがあるのです。

また30~40代男性は、親から「孫がほしい」プレッシャーがかかる年代です。それも大きなストレスになりEDを引き起こすことがあります。

50~60代EDの原因になっている「器質性」とは

器質性EDとは、ペニスの「器」官としての性「質」に異常が起きて勃起しにくくなるEDのことです。
勃起は、
・脳が勃起せよと神経に命令し
・神経がその命令をペニスに伝え
・ベニスが大量の血液をためて
生じます。
つまり勃起とは、脳、神経、ペニス、血管、血液の「ハーモニー」によって起きるのです。

そのため、脳、神経、ペニス、血管、血液のいずれかに異常が生じると調和が乱れ勃起は起きなくなります。
糖尿病、高血圧、動脈硬化、肥満、メタボは、勃起の調和を乱す病気・症状であり、そしてこれらの病気は50~60代に発症することが多いのです。
それで50~60代にEDのピークが訪れるわけです。

まとめ~年代ごとの注意が必要

EDの原因が一律でないことをご理解いただけましたでしょうか。40代のED患者は「自分の原因」を取り除く必要があり、60代のED患者は「病気の治療」が必要になるかもしれません。「人それぞれにED治療」を心がけてください。
「年のせい」は1つの原因
「もう年だな。最近あまり勃起しなくなった」
そのように感じているあなたは、何歳でしょうか。
50歳でしょうか、それとも60歳でしょう、はたまた70歳でしょうか。
むしろ40歳でしょう。
いや、もしかして、30歳ですか。

「EDは年のせい」という説は間違っていません。
しかし「若いから大丈夫」「年を取ったら必ずEDになる」というわけでもないのです。

ED発症には2つのピークがある。「30~40代」と「50~60代」

勃起ができなくなったり、勃起しにくくなったりするED(勃起不全)患者は、国内に1,130万人いると推定されています。
EDの発症には2つのピークがあり、1つは30~40代、2つめは50~60代です。

30~40代でもEDになるの!?

EDの原因をなんとなく「老化では?」と思ってきた人には、30~40代にEDが多いことは意外に感じるのではないでしょうか。
30~40代にEDのピークが来るということは、30歳の人でもEDは他人事ではないということです。

30~40代のED患者に多いのは、心が原因になるケースです。
童貞喪失年齢が、どんどん高齢化しています。つまり男性の初性交の遅れの傾向が年々強まっているのです。
あまり経験がないまま30代に突入すると、女性から「きちんとした性交」を期待されながら、それがうまくいかないわけです。それで自信を失い、EDを発症してしまうことがあるのです。

また30~40代男性は、親から「孫がほしい」プレッシャーがかかる年代です。それも大きなストレスになりEDを引き起こすことがあります。

50~60代EDの原因になっている「器質性」とは

器質性EDとは、ペニスの「器」官としての性「質」に異常が起きて勃起しにくくなるEDのことです。
勃起は、
・脳が勃起せよと神経に命令し
・神経がその命令をペニスに伝え
・ベニスが大量の血液をためて
生じます。
つまり勃起とは、脳、神経、ペニス、血管、血液の「ハーモニー」によって起きるのです。

そのため、脳、神経、ペニス、血管、血液のいずれかに異常が生じると調和が乱れ勃起は起きなくなります。
糖尿病、高血圧、動脈硬化、肥満、メタボは、勃起の調和を乱す病気・症状であり、そしてこれらの病気は50~60代に発症することが多いのです。
それで50~60代にEDのピークが訪れるわけです。

まとめ~年代ごとの注意が必要

EDの原因が一律でないことをご理解いただけましたでしょうか。40代のED患者は「自分の原因」を取り除く必要があり、60代のED患者は「病気の治療」が必要になるかもしれません。「人それぞれにED治療」を心がけてください。