ED薬を含め薬の個人輸入は代行業者を慎重に見極めよう

業者を調べないと落とし穴にはまるかもしれません

勃起不全(ED)を治療するED薬の価格が高いと感じている方は、個人輸入という方法を使うと安く手に入れることができるかもしれません。
ED薬を個人輸入することは合法です。
また、ED薬の輸入業務を代行してくれる業者があるので、面倒な手続きは不要です。

ED薬に限らずどのような薬であっても、海外から輸入することができます。
ただ輸入代行業者を使う場合、業者についてはしっかり調べないと、とんでもない「落とし穴」が待っているかもしれません。

薬の個人輸入に関する厚生労働省の見解とは

ED薬でもそれ以外の薬でも、麻薬や毒薬以外であれば、どんな薬でも個人が海外から輸入することができます。

厚生労働省は薬の個人輸入について次のような見解を示しています。
・個人輸入ができるのは自分自身で使用する場合に限られる
・薬を個人輸入できる量は1~2カ月分まで
・個人輸入した製品を他人に売ったり譲ったりすることは認められない
・個人輸入するには地方厚生局に必要書類を提出し、違法な輸入でない証明を受ける必要がある
・自己判断で使用すると重大な健康被害を生じる恐れがある医薬品は、数量に関わらず医師による処方が確認できない限り個人輸入は認められない

輸入代行業者を使わないのは非現実的

薬の個人輸入をする場合、輸入代行業者に依頼しないのは、非現実的といえます。

まずED薬などの薬を輸入するには、地方厚生局に必要書類を提出しなければなりません。さらに税関への手続きも必要です。これはかなり面倒な手続きです。

また自分で薬を輸入するには、海外で買い付けしなければなりません。薬の卸会社を見つけ、個人分の少量だけ販売してもらい、さらに海外配送手続きもしてもらわなければなりません。料金の支払い交渉も必要です。

輸入薬は日本のクリニックより安く買えなければ意味がないので、為替を調べたり輸送コストを計算する必要もあります。
これを1人でやろうとすると、数カ月間はこの業務にかかりっきりになるでしょう。

悪徳な輸入代行業者はいる

厚生労働省は、薬の輸入代行業者に注意するよう、かなり強い口調で呼びかけています。

・個人輸入代行業者が薬の広告や発送を行うことは違法
・個人輸入代行業者の中には、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、すべて購入者の責任にする業者もいる
資料「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html

これは実際に薬の個人輸入で大きなトラブルがあったからでしょう。そうでなければ厚生労働省が特定の業種について「何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、すべて購入者の責任にする業者もいる」などと非難しないはずです。

まとめ~良い業者もいます

薬の輸入代行業者には質の悪い業者がいる一方で、医療に貢献している良い業者がいるのも事実です。
例えば、アメリカで承認されている抗がん剤が日本でまだ未承認だった場合、医師によっては薬の輸入代行業者に依頼して、アメリカ政府が承認した抗がん剤を輸入します。
業者の良し悪しは、電話したときの感じや、ホームページの雰囲気である程度分かるので、しっかりリサーチしましょう。